現代の悩み

これまでのことはどう

現代人は何かと目を酷使する毎日を送っているのではないだろうか。スマートフォン、pc、テレビ、夜間の運転など仕事、プライベートに限らないと言えるだろう。そうなってくると常に目が疲れている状態、常にブルーライトを目に浴びている状態で目が悲鳴を上げることになるかもしれないだろう。そんな時に利用したいのが目にいいとされる健康サプリメントである。このジャンルのものは基本的にブルーベリーに関心が行きがちになるのだが。株式会社らてらが注目したのはアロニアというものである。北米原産のアロニアに注目したわけとは目にいいとされているポリフェノールの量がブルーベリーを圧倒しているからであるらしい。そして「北国アロニア」は誕生したのである。

今後の動向に関しては

北国アロニアにはほかのものとは違うこだわりがあるのだ。それは主成分を国産で構成されているということである。まずはアロニアである。これに関しては北海道での栽培である。同じようにハスカップというベリー種も北海道産ということらしい、もう一つは国内産でメグスリノキと呼ばれるものである。この3つの成分が北国アロニアの主成分と大きな特徴であると思われる。そしてこの北国アロニアは今後どうなっていくのだろうか考えてみることにしよう。まずまだまだ日本ではアロニアというものの認知度は低いと思われるのだ。それもそのはずで国内で栽培され始めたのがまだ20数年ほどしかたってないらしいのである。しかしアロニアの能力と安心の国産という二つのことを軸として北国アロニアはこれから攻勢をかけるであろう。